Jeep Cherokee 入庫しました。

DSC05722

DSC05701

DSC05703

DSC05710

DSC05715

DSC05716

DSC05755

DSC05726

5代目 KL 2013y~

従来のヘビーデューティーなイメージから一転、FFのダッジ・ダートをベースとしたクロスオーバーSUVとなった。

駆動方式は地域によりFFのほか4WDも用意され、フィアット製直4・2.4L「タイガーシャーク」と直4・2.0Lターボディーゼル「マルチジェット」、もしくはクライスラー製V6・3.2L「ペンタスター」は新開発のZF製9速ATと組み合わされる。

尚、この登場を機にアメリカでは「チェロキー」の名が復活した(アメリカではリバティの後継ではなく、別車種として登場している)。

北米仕様は「Sport」「Latitude」「Trailhawk」「Limited」の4グレードから構成され、FFもしくは4WDが設定されるが、「Trailhawk」のみ4WDとなる。

2014年5月17日より、日本市場でも発売を開始した。

当初、全車右ハンドルのみの設定で、グレードは直4・2.4L・FFが北米仕様の「Latitude」に相当する「Longitude(ロンジチュード)」、V6・3.2L・4WDが「Trailhawk」と「Limited」の計3種だったが、2015年4月に「Longitude 4×4」が追加されたため(従来の「Longitude」は「Longitude 4×2」に改称)、計4種となった。尚、本国にある「Sport」は設定されない。

当代を特徴づけるフロントマスクは、ジープブランド伝統の「7スロットグリル」を採り入れながらも近未来的な要素を盛り込んだ。フロントの灯火類は3段で構成されるが、ターンシグナルとLEDデイライトが最上段に、ヘッドライトは中段の台形部分、そしてフォグランプは最下段に収まる。また、ホイールハウス部分もジープブランドの伝統に従って丸型ではなく、台形を採用している。

快適装備や安全装備については、前席SRSエアバッグのみならず、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、ニーエアバッグまで装備し、キーレスEnter’N GOシステム、Lane Sense車線逸脱警報、Park Sense縦列・並列パークアシスト、レインサポートブレーキ、アダプティブクルーズコントロール、クラッシュミティゲーション付前面衝突警報などグランドチェロキーに肉迫する先進アイテムが数々採用されている(一部、Jeepブランド初)。

4WDシステムはLimitedに「アクティブドライブII」、Trailhawkにより本格的な「アクティブドライブロック」を採用し、グランドチェロキー譲りのセレクターレバー横のボタンひとつで5つのモードから選択可能な「セレクテレインシステム」を採用した。

「Trailhawk」はエクステリアにオーバーフェンダーを装着して全幅を1.905㎜(=他グレード比+45㎜)に、ルーフレールを装着して全高を1.740㎜(=他グレード比+40㎜)とした上で、オフロード走行時に安定した総合制御を行う「セルクスピードコントロール」を追加したオフロード志向のグレードである。

 

車両の金額・詳細などは、後日、ホームページの在庫一覧にてご紹介致します。